建売・注文・建築条件付売地について

建売住宅とは

   メリットは住宅価格が明確になっており、 資金計画を具体的に立てることが可能です。また、 完成した家を実際に見ることができるため、 生活のイメージがしやすく購入してから起こりうるリスクは抑えられるでしょう。また、建売住宅は注文住宅と比較して、購入から入居まで時間がかかりません。近隣の住人と入居時期が重なる場合が多いため、引っ越しに気を使う必要もなく、一から人間関係を作ることができます。

 デメリットは、完成しておりますので、間取りの変更や設備の変更はできません。また、同じデザインや間取りが多いです。

 

当社の建売住宅について

 

  間取り・デザインについては、「同じ家は造らない」  をモットーに、1棟毎にコンセプトを考えプランを作成し建物を建てております。間取り・設備の変更はできませんが、コンセントの増設が可能な場合がありますので是非ご相談ください。(コンセントの増設は別途費用が掛かります。) 

注文住宅とは

 注文住宅の最大のメリットは、何と言っても自由度の高い設計や内装デザインが実現できるところです。 建築家に設計を依頼することで、施主の要望をできるだけ実現した完全なオーダーメイド住宅ができあがります。外観をはじめ、キッチンの使い勝手やリビングの空間デザイン、子ども部屋の間取りなどの要望はもちろん、耐震性など安全面への配慮など、家族が快適に暮らすための住まいのアイデアをプロといっしょに一から創っていくことができるのです。

 

知っておきたい注文住宅のデメリット

 

 注文住宅のデメリットは、自由度が大きい反面、こだわりすぎて予算をオーバーしてしまうことでしょう。 また 、打ち合わせの必要が多く完成までに時間が長くかかること、場合によっては土地の取得や諸手続きなどの必要があることなどです。また、まれにではありますが、建築家が自らの作家性を発揮しすぎて使い勝手の良くない住まいになったり、予算を大幅にオーバーし、トラブルになることがあります。 住人がストレスを感じながら住み続けるなどは建築設計にあってはならないことです。

 

ハウスメーカーが販売する住宅

 

 ハウスメーカーや工務店などの場合、資材に規格品を使用することで費用が安くおさえられ、入居までが比較的スピーディーであることがメリットです。しかし、間取り集からの選択やスタンダードな設計がメインなので間取り変更や設備の追加などに自由度が少なく、オリジナリティに欠ける点では不満を持つ人もあり、その点はデメリットと言えるでしょう。

当社の注文住宅について

 当社では上記メリットは最大限に生かし

またデメリットは極力なくした、バランス

のとれた自社施工による魅力的な注文住宅

造りを提案しております。

 

<詳細については>
右の画像をクリックして下さい ⇒

建築条件付売地(土地)とは

 建築条件付き売地(土地)は「建築条件がついた土地」を指します。具体的には、売主が買主に対して「指定の建築会社で」「一定の期間内に」「住宅を建築する」という条件を指定し販売している土地です。

当社の建築条件付き売地(土地)について

 

 販売する時に概ね、建坪(延床面積)や請負金額を設定し、お客様に概略をイメージしていただきます。間取りが確定し請負契約が済みますと、土地の所有権移転登記を行います。

<下の画像をクリックすると建築の流れが分かります>

間取りの作成について

 

 お客様のご要望を聞き、また確認しながら弊社の設計担当とお話をしながら決定していきます。 建坪(延床面積)が設定より大きくなる場合は、増坪の対応もしております。その場合は、増坪×坪単価(単価は現場毎に設定)で対応しております。前述の通りかなり特殊な工事は希望に応じられないですが、 是非ご相談ください。また、新居にお持ちになる予定の家具や家電等がある場合は、寸法(縦×横×奥行)を測って頂くと、プラン作成時に検討でき、入居後のトラブルも未然に防げます。

 

仕様について

 

 標準仕様をご用意しております。建材や設備の変更など、可能な場合がありますので是非ご相談ください。(但し別途費用が掛かる場合がございます。)また、お客様の多くの方がメーカーのショールームを見学し確認しております。

 

スイッチ・コンセントについて

 

 当社の方で標準仕様書に記載されているスイッチ及びコンセントの数を基に位置などある程度の電気配線図を作成し、それを基にお客様にご確認いただき、変更や追加がある場合はお打合せをおこないます。(但し、別途費用が掛かる場合がございます)

 

外構工事について

 

 当社の方で標準仕様書に記載されている外構工事の仕様を基にある程度の外構図を作成し、それを基にお客様にご確認いただき、変更や追加がある場合は、お打合せをおこないます。(但し、別途費用が掛かる場合がございます。)

 

打合せについて

 

 間取りの打合せ:4回から5回  仕様の打合せ:2回から3回

 

 ※間取りや設備で追加工事となる場合は、追加価格を書面にてご提示させていただきお客様にご納得・ご了承を頂いた工事だけを行います。

 ※工事中は多くのお客様が現場に行かれご自分の目で見て確認していただいております。当社としても、ご覧になって頂くことをお勧めします。

 

前述の通り、大手のハウスメーカーや工務店の考え方とあまり変わらないとおもいます。

但し特殊技術を用いた、大手ハウスメーカーや地元工務店の住宅とは別ですが・・・・・

 

『 JOLI VILLE 建築条件付売地

注文住宅は予算的には厳しい・・・だけど建売ではなく

 

「 希望に近い間取り&設備を付けた家に住みたい 」

お手伝いできればと思っております。