建築の流れ※

※この説明ページは弊社の建築条件付土地および注文住宅の場合が該当します。

新築分譲住宅(建売住宅)には該当しません。

 工 程 表 (工程の順番が前後する場合もあります)

引渡し工程表 H30.12

<ご契約~お引き渡しとその後についての流れ>

(建築条件付土地/注文住宅)

 

① ~④ 土地ご契約~建物請負契約

土地をご契約後、間取り作成を行います。お客様のご要望を聞き、確認しながら弊社の設計
担当とお話をしながら進めて行きます。坪数(延床面積)が標準設定より大きくなる場合は

増坪の対応もしています。(別途費用がかかります)間取りが確定しますと建物請負契約を

締結していただきます。尚、注文住宅建築の方で土地ご所有の方は当然ながら土地契約及び

下記⑤転登記はございません。

⑤ 土地移転登記

続いて、土地の所有権をお客様名義に移転い

たします。これにより、土地はお客の所有

地となります。

 

⑥ 仕様打合せ

建物の全ての仕様(玄関・外壁・屋根・内

キッチン・バス・トイレ・壁クロスなど)

つき、標準仕様より色・スタイル等をお決

いただきます。建材や設備の変更など可能

場合がありますので、ぜひご相談下さい。

多くのお客様がメーカーのショールームを見

学し確認しています。

 また、スイッチ・コンセントについては標

仕様書に記載されている数をもとに電気配

図を作成し、位置の変更や追加がある場合

は、お打ち合せを行います。

 外構工事は、標準仕様書に記載されている

構工事の仕様をもとに外構図を作成しご確

いただき、変更・追加がある場合はお打ち

せを行います。

(以上につき変更・追加等がある場合は別途

費用がかかる場合があります。)

⑦~⑯ 建築申請~着工~完成

間取りが確定しますと、建築確認申請を行い

確認済証の取得により建築許可となります。

着工・上棟後の木工事は原則として専属の大

工1人で行います。また、第三者機関により

2回の検査があります。その後器具取付、ク

ロス張等の仕上工事を経て竣工し外構・植栽

工事を行い完了検査を経て完成となります。

配筋検査

配筋検査

建築中 筋交いと制震ダンパー      「ミューダム」

筋交いとミューダム

中間検査

中間検査

グラスウール施工

グラスウール

建築中の現場 

建築中3棟

⑰~⑲ お立会い~お引き渡し

完成後社内検査を行い合格後、お客様に

でお立会いいただきます。設備・器具の説明

と建物の傷等のチェックをしていただきま

す。厳しい検査をしておりますので問題あり

ませんが、万一の場合には責任をもって対応

いたします。

 無事にお立会い終了後、晴れてお引渡しと

なります。

石膏ボード施工

石膏ボード施工

外壁施工

外壁施工

完 成

完成1

⑳ お引渡し後について

お引渡し後は、住宅品質確保法にもとづいて一定期間保証いたします。また、住宅瑕疵担保

履行法にもとづき株式会社日本住宅保証検査機構の新築住宅瑕疵保険「JIOわが家の

険」に加入しており、ご安心いただけるシステムとなっています。

また、「スーパーストロング構造体バリュー」(耐震等級3相当)仕様の場合は、設計検査

報告書をお渡しいたします。(いずれも詳細はお問合せ下さい)